Lanota(ラノタ)の創作譜面を作れるシミュ「Lanotalium」

ゲーム

Lanotaはスマホでプレイできるリズムゲームです。

特徴は判定ラインが円形で、中央から360度あらゆる方向にノーツが降ってくること。

かなり高難易度で斬新な音ゲー「Lanota」ですが、実はLanotaの譜面を自分で作ることができるシミュレータが存在します。

シミュレータの名前は「Lanotalium」といいます。

以前、Lanota同様鬼畜音ゲーとして知られているArcaeaのシミュレータを紹介しましたが、Lanotaのシミュも同じ人(Schwarzerさん)が作っています。

今回はこのLanotaliumを簡単に紹介します。

実際の創作譜面

どの程度のクオリティなのかご覧ください。

[Lanota Fanmade] [Future 16] Fracture Ray (Nerf)

これはLanotaliumで作られた創作譜面です。(個人が作成したものです)

本家とほとんどそっくりなのがわかるかと思います。

Arcaeaのシミュもそうでしたが、Schwarzerさんが作るリズムゲームのシミュレータは本当に再現度が高いです。

ダウンロード

シミュレータのダウンロードは以下のリンクからできます。

Lanotaliumの項目にある「Windows >>」というボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

ソースコード

制作者はLanotaliumのソースコードも配布しているので、プログラミングの知識がある方なら自分で改造したりできます。

C#プロジェクトとして公開されています。

プロジェクトを扱うのに必要な環境

  • Visual Studio 2017
  • Unity Editor 2017.4.2f2

    創作譜面をプレイする

    Lanotaliumで作った譜面をスマホでプレイすることも可能です。

    同作者が作った「Layesta」というアプリがあるのでそれをインストールすれば譜面をプレイすることができます。

    Layestaのダウンロード

    iOSとAndroidどちらも対応しています。

    iOS版

    Android版

    Android版はapkファイルが直接配布されています。

    Layesta (Simulator)という項目があるのでそちらから「Android」をクリックすればダウンロードできます。

    また、上記リンクのページでは旧バージョンのLanotaliumも配布されているので必要な場合はダウンロードできます。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました