【YouTube】公式チャンネルが日本のTV番組を違法アップロードしている!?【ZENDEE】

ニュース

YouTubeにテレビ番組が違法アップロードされているのをよくみかけるという方がいるかもしれません。

大抵の場合は、個人がアップロードしているのでしょう。

しかし、なんと登録者10万越えのチャンネルもテレビ番組の違法アップロードを行っているようなのです。

しかもそのチャンネルはYouTubeから公式チャンネルのバッジをもらっています。

なぜ公式チャンネルがYouTubeで違法アップロードを行っているのか?

とても疑問なので今回調査してみました。

公式チャンネルが違法アップロード?

今回調査するのは「ZENDEE」というYouTubeチャンネルです。

月曜から夜ふかし」や「名探偵コナン」などの日本のテレビで放送された番組や映画を大量にアップロードしています。

 

チャンネル名の横に「」のバッジがついています。これはYouTubeが「公式アーティストチャンネル」と認定したチャンネルに与えられるバッジです。

しかもチャンネル登録者は15万人以上。

 

これほど大きいチャンネルが日本のテレビ番組を無許可でアップロードしているというのは衝撃ですよね・・・。

動画みればわかりますが、著作権審査に引っかかるのを回避するために画面のサイズを小さくして背景を別の動画にしているので明らかに違法アップロードです。

最悪アカウントBANもありえるというのに。

Twitterやインスタを調査

インスタのアカウント

 

Twitterのアカウント

 

YouTubeからインスタとTwitterのアカウントにリンクされていたので確認してみました。

更新は続いているようで、調査した時点で数時間前のツイートなどがありました。

Twitterアカウントとインスタアカウントにも認証マークがついているのがわかると思います。

ZENDEEについて調査

ゼンディー・ローズ・テネレフェは、ホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー 」をカラオケで歌う映像がYouTubeに公開されたことをきっかけに有名になった、フィリピン人の女性歌手。

Wikipediaより引用

ZENDEEはフィリピン人女性歌手らしいです。

YouTubeチャンネルの概要欄にもフィリピンと書かれていたのでこの人のことでしょうね。

 

2013年、ゼンディーはデビュー・アルバム『I Believe』を出した。アルバムには10曲が収録されており、さらに彼女の歌「Runaway」のアコースティック・バージョンも収められている。このアルバムは、フィリピンのアルバム・チャートで2位まで上昇した。

(中略)

2015年には、アルバム『Z』に収録された彼女のテーマ曲である「Habang Kayakap Ka」が、韓国の連続テレビドラマ『天国の階段』のフィリピンにおける再放送に際して、フィリピン独自のサウンドトラックとして採用された。

アルバム出したりテレビドラマのサントラで採用されたりしてたようです。

え?かなり有名だったんじゃ・・?

日本のテレビ番組にも出演

どうやら日本のテレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』や『関ジャニの仕分け∞』にも出演していたようです。普通に有名アーティストさんじゃないですかね

なぜ今、彼女のYouTubeチャンネルが無法地帯と化しているのでしょうか?

違法アップロードの真相

日本のテレビ番組をアップロードしていることについて。

どうやらYouTubeチャンネルがハックされて乗っ取られてしまったようです。

 

こちらのツイートはZendeeさんのチャンネルが乗っ取られたことに関する本人のツイート。

 

訳:このことについて言及したくはありませんが、既に多くの方からメッセージをいただきましたのでお答えしますと、私のYouTubeチャンネルは 1週間近く乗っ取られています。

 

こんなことってあるんですね・・・公式アーティストさんのチャンネルが乗っ取られるなんて。

乗っ取って動画バンバンアップロードしてる人はどんな人なんでしょうか。

その後どうなったのか

MY YOUTUBE CHANNEL WAS HACKED now I finally took it back. So sad I lost like 1,3k subscribers I will delete all the Japanese shows uploaded by the hacker soon. Please dont leave me :'(

どうやらチャンネルを取り返せたみたいです。しかし、違法アップロード動画のせいで登録者が減ってしまったとのこと。

 

乗っ取られた経緯についてはわかりませんが、こういった危険もあるのでYouTubeをやっている方は注意が必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました